【観光士が教える】越境ECとは?|日本の特産品は越境ECで売れるのか?

越境ECと観光施策
広告

「越境ECとは?」

「越境ECを活用したインバウンド対策をしたい!」

「日本の伝統工芸や特産品を海外に売るポイントは?」

今回は、越境ECを活用した観光施策について解説します。

国際的にEC市場が拡大する中、インバウンドにおける越境ECの活用ポイントやポテンシャルとは??

以下の点を解説!

・越境ECとその市場規模

・越境ECとインバウンド市場の可能性

・越境ECを活用した観光施策のポイント

越境ECとは?

・国際的な電子商取引(Electronic Commerce)

アメリカの「Amazon」、日本の「楽天市場」などを筆頭に、世界的にインターネットを通じたオンライン販売が注目を集めています。

越境ECとは、

SNSや通信販売サイトなどオンライン上で行う電子商取引(Electronic Commerce)のこと

このような世界的ビジネス潮流のなか、また国際観光が急激に成長するなかで、海外へ向けた商品販売を行う越境ECには大きく期待が寄せられています。

越境ECの市場規模

2020年 : 9123憶USドル ⇒ 2027年 : 4兆8561憶USドル

日本の越境B2C-EC市場規模(主要国)

3175憶円(米国経由2863憶円/中国経由312憶円)

「コロナウィルス禍でもEC売上は伸びた!」というニュースを目にしたと思います。今後は、コロナに関わらずデジタル化が推進され、越境ECなど欲しいものを海外から取り寄せることも容易になるでしょう。

国内EC市場は飽和状態にある日本において、外国と比べ越境ECの利用率が低いことから、日本は今後海外へ向けた越境ECの拡大に取り組む必要があります。

また、越境ECはそれだけ伸びしろのある市場だとも言えることが出来るでしょう。

越境ECで売れるもの

越境ECでの購入経験に関する調査において、

という結果になりました。

世界共通で「衣服・靴・アクセサリー」の規模は大きく、「家電・精密機器など」も中国を筆頭に購買者が多くいる越境ECの分野です。

「化粧品・美容関連製品」は46%という購入経験ですが、美容や健康ブームが起きる中、市場規模も拡大することが予測されます。

▼関連記事:美容観光が流行る予感?健康ブームに付随する「美容観光」とは▼

越境ECで特産品や伝統工芸品は売れるのか?

結論から言うと、

越境ECで伝統工芸品や特産品は売れます!

しかし、課題点や懸念点もあります!

2019年訪日外国人の消費動向調査「買い物代の費用別購入率および購入者単価」において、

「民芸品・伝統工芸品」の購入率(全体)は9.5%であった一方、

米国の「民芸品・伝統工芸品」の購入率は20.3%と高い結果になりました。

また、「菓子類」「酒類」「その他食料品・飲料・たばこ」などは訪日客に共通して人気の高い品目で、和菓子や地酒、特産品や加工食品などは戦略によっては市場価値を持つことも出来ます。

一方で、「インバウンド」と一括りにしてECサイトの構築∼販促を行っても、特産品や伝統工芸品の購買には至らないかもしれません。

そこで、どのように日本らしい商品を越境ECで売ればよいか見ていきましょう。

地域自慢の特産品を越境ECで売るポイントは?

何を売りたいか?商品の持つ特徴から越境ECのターゲットを決める

日本の越境ECビジネスは大きく「衣服・靴・アクセサリー」「家電・精密機器など」などに依存している状態と言え、「地域特産品や伝統工芸品」は発展途上の分野です。

「地域特産品や伝統工芸品」の越境ECを成功させるためには、売りたい商品の特徴や強みからターゲットを選定することが必要です。

欧米各国の人々は、日本らしい伝統工芸品や特産品を好む傾向にある一方、アジア圏の人々は日用品や化粧品、目新しいものなど購入する傾向にあります。

地域内にある特産品や伝統工芸品は、その種類が多くあることから「インバウンド・海外」と一括りにサイト構築が行われますが、ターゲットを選定した戦略が必要となります。

注意:「価格帯の幅を持たせる」

欧米やアジア圏にも「本物の日本」を楽しみたい富裕層が多い。

1人のファンとしての越境EC-CRMマーケティングを徹底する

越境ECの運用に際しても、顧客管理や顧客の満足度向上を促進するCRMマーケティングは重要です。

例えば、海外であっても商品の無料体験や定期的な顧客へのウェルカムメッセージなどは重要です。

海外にいる顧客は、そのECサイトが窓口であり、サポートの充実化や安心・安全の商品が届けられることで、よりその商品や地域に対する好感度も向上します。

▼関連記事:観光施策とCRMマーケティングの重要性とは?▼

オンラインツアーやライブコマースを活用した越境ECの販売戦略

コロナ禍において、国内外と中継して旅行を楽しむオンラインツアーやSNSやアプリを活用したライブコマースなども注目されています。

インバウンド事業においても、特産品や伝統工芸品を付随させたオンライン日本ツアーは大いに期待が溢れる分野です。

商品やサービスに対する接点が少ないことに対し、お試しのオンラインツアーで商品と地域の魅力を訴求することも可能でしょう。

▼関連記事:オンラインツアーで地域活性化!越境ECに繋がる観光施策▼

コメント

  1. […] 【観光士が教える】越境ECとは?|日本の特産品は越境ECで売れるのか?越… […]

タイトルとURLをコピーしました