【衝撃】オンラインツアーとは|観光活性化に期待、オンラインツアーの可能性を探る【事例あり】

オンラインツアーとは
広告

「コロナ禍における、オンラインツアーとは?」

「オンラインツアーを活用した観光地域づくりは可能か?」

「オンラインツアーのメリットや収益構造、手法は?」

今回は、コロナ禍におけるニューノーマルな観光施策「オンラインツアー」について解説します。

単なる「オンライン上」のツアーガイドとしかイメージされない「オンラインツアー」ですが、実際はどんなサービスで、観光従事者にとっても有益なのか紹介します。

以下の点を解説!

・オンラインツアーとは?

・オンラインツアーのメリット

・オンラインツアーの観光施策ポイント

・オンラインツアーの事例紹介

オンラインツアーとは?|単なる「観光地×観光客」のオンライン会話ではない!

・イメージ戦略から観光コンテンツへ

コロナウィルス禍において、新しい生活様式やニューノーマルな観光・旅行が重要視され、観光地へ旅行することも難しい状態が続いています。

一方このような状況下で、国内外の各地から現地ガイドがインターネット・オンライン上で観光地を紹介する「オンラインツアー」がトレンドとなりつつあります。

「オンラインツアー」は、元々イメージプロモーションとしての要素が大きく、コミュニケーションが取れ、実際に観光地へ旅行し、ガイドを聞くような体験型サービスは少数でした。

しかし、コロナウィルス禍の旅行へ行けない状況で、「オンラインツアー」は観光客にとっての新たな娯楽となる一方、観光地や観光従事者にとっても有益なものとなっています。

それでは、オンラインツアーのメリットやどのようなオンラインツアーで収益を期待できるか見ていきましょう。

【期待大!】オンラインツアーのメリット

〔観光客目線のオンラインツアーメリット〕

  • 気軽に観光地へ旅行した気分になれる
  • 観光ガイドや旅行に興味を持つ仲間とコミュニケーションが出来る
  • 日程や時間上行けない観光地へも訪問できる
  • 旅行への下準備として活用できる
  • 障がい者や高齢者など遠方へ行けない人にも楽しめる

〔事業者目線のオンラインツアーメリット〕

  • 観光地のイメージアップとファンの形成に役立つ
  • オンラインツアー上における観光特産品の販売や付属品による収益
  • オーバーツーリズム対策および3密などコロナ対策
  • 旅行に伴う人材/時間的/金銭的な障害が無いシームレスな旅行体験の提供
  • ブルーオーシャン市場での優位に立てる

オンラインツアーの観光施策ポイント|目的・目標を明確に持つこと!

オンラインツアーのプログラムを醸成する際、一番に気を付けるべきことは

「オンラインツアーで、何を達成したいか」を明確にすること

オンラインツアーは、観光地のイメージアップに繋がるだけでなく、オンラインツアー上での観光特産品の販売を行い収益増も期待できます。

一方で、イメージアップ戦略やオンライン上での商品販売戦略は大きく異なっており、それに伴う観光施策の投資額なども変化します。

まずは、事業で達成したい目標や事業計画に照らし合わせ、オンラインツアーをどう活用していくか考えることが重要です。

ポイントは、「ECサイト」の活用

オンラインツアーは収益にならないという意見は多くあります。

しかし、観光地の特産品やご当地商品を販売する物産店などは、オンラインツアーは大きな市場となるでしょう。

近年、Eコマースライブコマースなど、オンライン上でリアルタイムに商品を売買するサービスが注目を集めています。

オンラインツアーにおいても、観光地の案内だけでなく、生産者や住民とのコミュニケーションを通じ、オンラインツアー上での商品の購買を促すことが出来るでしょう。

鍵は「XR技術」の活用

オンラインツアー市場は、未だブルーオーシャンです。

OTAが台頭する中で、地域の観光業者や住民が主導したオンラインツアーを行い、観光客の誘致を行うことは重要です。

一方、ZoomやSkypeなどのコミュニケーションツールでしか、オンラインツアーは行われていないのが現状です。

そのオンラインツアーで今後注目されるのは、「XR技術」です。

VRやAR技術は広く普及しており、一般の方でもセットを安く買うことは出来ます。

今後、地域の観光業者はXR対応のオンラインツアーを醸成し、観光客のリアルに近い体験を提供するよう取り組むことが必要かもしれません。

▼関連記事:「XR技術」と観光の関係性とは?どうVR/AR技術を活用するのか?▼

オンラインツアーの観光事例

「おうちでヨーロッパ旅」(JTB株式会社)

JTB株式会社の世界規模のネットワークを活かしたオンラインツアーは代表的な事例です。

ポイントは、現地アシスタントによるプライベートガイドや希望するルートをカスタマイズしてくれるところです。

ヨーロッパは距離的にも遠く、ましてやコロナウィルス禍においては、このようなオンラインツアーは手軽且つ安価で海外旅行を楽しむキッカケになります。

どれだけ観光客のニーズを汲みながら、観光地へのイメージアップと収益を見込むか、観光マーケティングも重要となります。

「オンライン”宇宙”体験」(株式会社H.I.S)

株式会社H.I.Sも、オンラインツアーのサービスを数多く提供しています。

2021年1月24日には、宇宙飛行士の山崎直子さんを招き、宇宙をテーマにした「オンライン『宇宙』体験ツアー」を行いました。

ポイントは、宇宙体験オンラインツアーの付加価値とその値段です。

同オンラインツアーには、単にビデオを視聴し話をするだけでなく、「宇宙食セット付特典プラン」が用意され、宇宙へ実際に持ち込まれた缶詰やパンやオンラインツアーオリジナル商品が提供されました。

宇宙食セット付特典プランは1万5000円、視聴だけのプランは9990円でした。

このように、オンラインツアーでも観光地の魅力やテーマに沿った付加価値を付け、商品の購買や提供を行い、しっかりと収益に繋げることが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました