北海道を観光しよう!|北海道の観光資源とその特徴

北海道の観光資源と特徴
広告

「北海道は、国内旅行ランキング1位」

「でも、北海道の観光資源の特徴って?」

「北海道は、どんな地域活性化や観光整備を行っているのか??」

今回はそんな北海道に関する疑問に対して、北海道の地方創生策と地理/文化的状況から分かる北海道の観光資源と魅力について紹介します。ただ観光地を訪れるだけでなく、観光資源の裏側を知ると興味深いかもしれません!?

以下の点について紹介します。

・北海道の地方創生策と方向性

・北海道の観光資源とその特徴

・【オススメ】北海道の観光スポット

北海道の地方創生策とは?|第2期北海道創生総合戦略

北海道の目指す姿:幅広い世代が集い、つながり、心豊かに暮らせる包容力のある北海道

北海道の地域創生策の重点戦略プロジェクト

  1. 「心豊かに・北海道暮らし」プロジェクト
  2. 「磨き高め輝く・北海道価値」プロジェクト
  3. 「未来をけん引・北海道人」プロジェクト
  4. 「北海道らしい関係人口の創出・拡大」プロジェクト
  5. 「北海道Society5.0」プロジェクト  に分けられます。

特に②と④は、北海道の「観光」に関わる重要な項目で、実際に見て行きましょう!

「磨き高め輝く・北海道価値」プロジェクト~食や観光の地域活性化~

地域の観光資源を活かした食/観光関連企業の誘致国内外に向けた観光の受入体制の整備環境変化に対応した一次産業の振興や自然エネルギーの利活用など、北海道の地域資源を活用した食・観光に関係する街づくり、雇用創出を目指しています。

「北海道らしい関係人口の創出・拡大」プロジェクト

北海道に毎年訪れる観光客や北海道の地域資源に関心を持ちふるさと納税や北海道物産展に訪れる人々など、より一層の観光資源の開発や地元住民や企業が協働で行う街づくりを通じ、北海道に関わる関係人口の拡大を目指しています。

参考:第2期北海道創生総合戦略の概要 

北海道は国内観光地ランキング1位!

第15回「地域ブランド調査2020」:北海道第1位

ブランド総合研究所が発表する「地域ブランド調査」において、北海道は12年連続で第1位を守っています。国内観光地ランキングでも第1位を占めており、北海道は観光地として確固たる地位を築いていると言えます。

引用:第15回「地域ブランド調査2020」

引用:第15回「地域ブランド調査2020」

▼ココが百万ドルの夜景!函館山夜景観賞ツアー▼

百万ドルの夜景と言われる函館の夜景を堪能できるツアーはいかがですか?冬の函館の夜景は澄んだ空気でとても綺麗ですよ!

▼関連記事:地域ブランドの構築に重要なこととは?▼

北海道の観光資源~地理的特徴~

・オホーツク海の豊かな水産資源

・「北海道の屋根」、広大な山岳地帯とカルデラ湖

・日本三大の湿原地と豊かな森林

・豊かな動植物の宝庫

北海道は、豊かな地域資源だけでなく、豊かな「観光資源」が沢山あります。

北海道に面するオホーツク海域は、全国有数の一次産業地として豊富な農林水産資源を活用した地域商品や地域ブランドの開発を行っています。世界自然遺産の知床や北海道の広大な大地に育つ動植物など自然が溢れていることも特徴です。

日本最大規模の湿原地や36カ所に及ぶ自然保護エリア、北海道にしか生息しない動植物、ラムサール条約に登録される釧路湿原の野鳥などは、北海道を代表する地域資源です。

北海道の観光資源~文化的特徴~

・先住民アイヌ文化の名残

・全国各地からの入植/開拓と文化混合

・西洋文化の先駆け

1860年頃から行われた北海道開拓により、多くの人々が全国各地から北海道に集結しました。そして、北海道には様々な方言や文化が混合し形成されるようになりました。箱館港の開港と同時に、西洋式建築や西洋文化が形成され、北海道や札幌は近代都市の礎を築きました。

一方で、先住民のアイヌ人の文化や言葉の名残は、現在でも残っています。札幌や釧路などの地名はアイヌ語が起源で、北海道にはアイヌ語の地名が数多くあります。

▼関連記事:アイヌ文化を伝承するウポポイオープン▼

【オススメ】北海道の観光資源を存分に活用した観光スポット!

北海道には、北海道独特の文化や雰囲気、自然などの地域資源が数多くあります。

そして、これら北海道の地域資源は、観光資源として現在注目を集めているのです。

北海道の行政や企業、民間も北海道の地域資源を観光資源として整備することで、地域活性化を目指しています。

ニセコ|北海道の地域資源を活用した観光

北海道のニセコ町は、明治時代より温泉地として有名な地でした。現在では、国内きってのスキーリゾート地として海外からも人気の観光地となっており、地域資源を活用した観光地づくりの先駆けと言えます。

加えて、ニセコ町では企業や住民が連携し、地域農産物を使ったレストラン経営やスキーだけでない、自然の中でのアクティビティ開発サイクルツーリズムやハイキングロード整備など、地域の自然・文化に触れることのできる持続的な観光地域開発を行っています。

冬はスキーリゾート地、夏はハイキングやサイクリングなど、1年中を通じた観光資源を開発しているニセコ町は、北海道や日本だけでなく、世界に誇ることの出来る観光地でしょう。

▼関連記事:森林浴やトレッキングツアー|グリーンツーリズムのすゝめ▼

▼関連記事:持続可能な観光開発とは?サスティナブルツーリズム▼

タイトルとURLをコピーしました