【8割の企業が取り組む⁉】デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?|DX推進の課題を解説

Digital Transformation
広告

「企業のデジタル化を推進したい」

「デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?」

「デジタルフォーメーション(DX)の事例とは?」

今回は、企業やビジネス環境におけるデジタル化の根本となる考え「デジタルトランスフォーメーション(DX)」について事例と共に紹介します。

以下の点について解説!

・デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

・企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進

・デジタルトランスフォーメーション(DX)の事例

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

・デジタル化を通じた企業活動を変革

・「Digital Transformation」→「DX」*「Trans」は(X)と省略される

様々な解釈がされるデジタルトランスフォーメーション(DX)は、主にビジネスや企業活動において使用されます。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、

デジタル技術の発展により劇的に変化する産業構造と新しい競争原理を、事業創造の機会や事業における脅威と捉え直し、企業活動や事業の根底を変革すること

がコンセプトです。

つまり、デジタル化により刻一刻と変化するビジネス環境において、デジタル技術を活用した事業創造、新たな競争的マーケティング手法など企業活動の更なる拡大を目指し取り組むこと。それは、企業がデジタル化を「絶好の機会」「迫りくる脅威」と相反的に捉えたとしても、企業存続のためには、デジタル化に対し何かしらの対応をすることが必要になっていることも示しています。

経済産業省の推進する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」

・ITシステム、技術、人材に関する企業課題

・デジタル化による企業経営の変革

経済産業省の定義する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」は、主に

・DX推進のための企業経営の変革

・DXを実現するための基盤となる企業のITシステム構築

に分けて捉えることが可能です。

・DX推進のための企業経営の変革

経済産業省の定義する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」は、

企業活動のデジタル化推進に向け、古い企業体制を持つ経営や経営意識の改革など、企業活動の根本を変革すること

が基本に置かれています。

企業内におけるIT人材の不足、デジタル化を敬遠する経営体制、IT投資の不足など企業内のデジタル化推進における課題に焦点を当てていることが特徴です。

*産業構造と競争原理など外部的なデジタル化要因には焦点は置かれていない。

・DXを実現するための基盤となる企業のITシステム構築

ITシステムの老朽化やIT資産の分析・評価、技術的負債など、企業内のITシステムを改善しデジタル化を目指すことが、経済産業省の定義する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」です。

古い日本企業の経営体制やITに対する考え方を改善し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の前提となる企業体制を整えることがその目的とされています。

参考:経済産業省

▼関連記事:デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法▼

ビジネス環境のデジタル化|デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進

・デジタルトランスフォーメーション(DX)の着手予定:76%

・デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み内容

・実務責任者と経営者のデジタルトランスフォーメーション(DX)に対する考えの差

株式会社電通デジタルが発表した「日本における企業にデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティング2018年度調査」によると、

企業の内76%がデジタルトランスフォーメーション(DX)に着手/着手予定という結果に

デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み内容としては、

・業務プロセスや業務システムの先進化

・製品サービスや業務に対するテクノロジーの活用

・IT基盤の構築やソリューションの導入

・ビジネスモデルの変革進化

が挙げられました。

一方で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する実務責任者と経営層においてデジタル化に関する意識の差も浮き彫りになりました。

デジタル化の実行力不足や人材不足などが大きな課題である一方、組織体制の見直しとデジタルトランスフォーメーション(DX)を柔軟に取り組んでいけるような企業活動が必要とされるでしょう。

参考:株式会社電通デジタル

▼関連記事:デジタルマーケティングとその消費行動とは?▼

タイトルとURLをコピーしました