重要性を増す「UXデザイン」とは|観光業界にも「UXデザイン」はある!【事例】

UXデザインとは|観光業界とUXデザイン
広告

「『UXデザイン』は何となく聞いたことあったけど、、、」

「UXデザインやUIデザインの違いは?」

「UXデザインを自社でも取り組みたいけど、、、」

今回は、近年より重要性を増す「UXデザイン」について、その観光業界における可能性と共に紹介します。

以下の点を解説!

・「UXデザイン」とは

・「UXデザイン」と「UIデザイン」「マーケティング」の違い

・観光業界における「UXデザイン」

「UXデザイン」とは?

・UX(User Experience:ユーザー体験)をいかに価値あるものにするか

IT業界ではよく目にする「UXデザイン」ですが、

一言で言うと、「ユーザー体験をデザイン(設計)すること」です。

商品の開発者やWebデザイナー、SEなどは「商品・サービス」を開発する一方で、

UXデザイナーは、それら商品やサービスを通じてユーザーが得る「価値や体験」をより良い方向へ設計することが仕事です。

また、UXデザイン担当者の仕事は、

ユーザーのサービス利用に関する調査から、ユーザー体験に沿った課題と仮説立案、商品・サービスの開発(設計)からPDCAなど、広範囲にわたります。

近年は、「モノ消費からコト消費」「ビジネスの感動体験」など、より「消費者の視点」に立った施策が重要性を増しています。

単に「商品・サービス」を売るというスタンスではなく、もう少し先、「消費者が得る内的な要素(感情)」まで設計することが重要です。

「UX」とその他概念の違い

「UXデザイン」と「UIデザイン」の違い

UXデザインと似ている単語「UIデザイン」というものがあります。

「UI(User Interface)デザイン」とは、

ユーザーが使用する製品やサービスの画面、操作パネルなどを見やすく使いやすく設計すること

いわゆる、「ITのバリアフリー化」に通じる概念であり、携帯端末やデジタル機器などに不慣れなユーザーが、どうそれらを使用したら使いやすいかをデザインすることです。

一方で、UXデザインは、携帯端末やデジタル機器などの製品・サービスの使用時だけでなく、使用前・使用中・使用後の感動体験そのものをデザインすることで、より範囲が広いことが特徴です。

「UXデザイン」と「マーケティング」の違い

・違いは「商品・サービスの『売上』に関する事」

よく混同される「UXデザイン」と「マーケティング」ですが、根本的な考えの元は異なっています。

「マーケティング」とは、

商品・サービスを購入してもらえるような仕組みづくりとその機能を果たすこと

が最重要の課題です。

その為、より売上や利益、またどう商品・サービスを販売していくか等の経営戦略まで突き詰める必要があります。

一方で、UXデザインは「ユーザーが、商品・サービスを通じて得る体験をいかに充実したものにするか」に焦点を当てており、そこに売上や利益などの概念はありません。

むしろ、純粋な「消費者の視点」で商品・サービスを設計することにあります。

このことから、「商品・サービスの『売上』に関する事」の視点で、「UXデザイン」と「マーケティング」は異なっていることが分かります。

◆「マーケティング」と「UXデザイン」の協働が理想に!

では、「マーケティング」と「UXデザイン」は相いれないのか?

というとそうではありません。

むしろ、2つの概念を併せたビジネス戦略が今後は必要になります。

例えば、UXだけを重視した商品・サービスは本当に消費者が求める商品・サービスでしょうか?

また、マーケティングのみを重視し、マーケターの思惑が入ったターゲティングやテーマ設定、利益率を上げるだけ商品・サービス設計は、たとえ「消費者の視点」に立っていたとしても、それがベストな正解でしょうか?

マーケティング担当者は、「消費者の視点」に立ち戦略~具体的な戦術の立案スキルが必須になります。

その「消費者の視点」は「UXデザイン」に学ぶべきこともあるのではないでしょうか?

観光業界における「UXデザイン」の可能性

観光業界においても、UX(ユーザー体験)を充実させ、地域の観光商品の購買意欲や観光地への訪問~移住、及び経済活性化などに期待する声も多いです。

日本の地域の現状を見ると、

・景観を損なうからと、ゴミ箱が少ない⇒ゴミ溜めが増える悪循環

・予約~決済がアナログでしか行えない観光施設

・メディアの掲載情報と合致しない観光地の現状と魅力不足 etc.

など、課題にきりがない状況です。

UXデザインは、決してIT業界の話だけでなく、全業界で通じるテーマです。

観光業界においても、デジタルな要素からアナログな地域のリアルに則した部分まで、UX(ユーザー体験)を意識する必要があります。

観光マーケティングにおいて、オーバーツーリズムの是正や持続可能な観光開発と、「地域と旅行者」が共生する観光地域づくりが主流になっています。

その為、観光地だけの利益を追求するだけでなく、ユーザー体験にも焦点をあてたUXデザインの考えは重要になるのではないでしょうか?

▼関連記事:観光業界に携わる方が読むべき一冊▼

タイトルとURLをコピーしました