ワクチンパスポートとは?|あらゆる業界で期待されるワクチンパスポートを簡単に解説

ワクチンパスポートとは?簡単に解説!
広告

「導入が期待されるワクチンパスポートとは?」

「ワクチンパスポートの導入で変わることは?」

今回は、ワクチン接種率の向上に合わせ、導入が期待されているワクチンパスポートについて解説いたします。

ワクチンパスポートの導入メリットや各業界の声など紹介します。

以下の点を紹介!

・ワクチンパスポートとは?

・ワクチンパスポートに期待する声

・ワクチンパスポートの導入メリットと今後の生活

ワクチンパスポートとは?

新型コロナウィルスが猛威を振るい、感染爆発が突然起きる地域も以前多くあります。

日本国内でも同様に、ワクチン接種が多くの国で推進されており、感染が収まった国、以前感染が猛烈に増えている国も多くあります。

このような中、先進国を筆頭に導入が進行・検討されている新型コロナウィルスからの出口戦略「ワクチンパスポート」があります。

ワクチンパスポートとは、

新型コロナウィルスのワクチン接種証明書で、

留学やビジネスでの往来など海外渡航の際に使用する紙媒体の証明書です。

(更新:2021年11月09日)

現状では、国内での利用やオンラインでの活発で利便性のある利用方法は実施されていません。一方で、年内にはワクチンパスポートのオンライン化を図り、国内の経営が厳しい事業者の後押しとなるようなワクチンパスポートの整備構築と導入を検討しています。

ワクチンパスポートの導入メリット/デメリット

◆ワクチンパスポートの導入メリット

ワクチンパスポートを導入することで、

「新型コロナウィルスのワクチン接種率の向上」

「感染リスクの軽減」

「経済活動の再開に向けた一歩前進」 etc.

が効果として期待されます。

◆ワクチンパスポートの導入デメリット

一方で、ワクチンパスポートの安易な導入にはデメリットもあります。

「ワクチンパスポートの有無で、差別や偏見に繋がる可能性」

「ワクチン接種をしていない人の経済的・社会的な不利益」

「ワクチン接種の強要による身体・精神的な苦痛」

などが解決すべきか課題点として挙げることが可能なのも事実です。

ワクチンパスポートに期待する声

日本トレンドリサーチが実施したアンケートによると、

ワクチンパスポート導入に「賛成」が52.9%/「反対」が22.1%という結果になりました。

一方で、「どちらともいえない」が25.1%となり、ワクチンパスポートの導入が本当に効果的かどうか分からないという想いがあります。

しかし、ワクチンパスポートやPCR検査の陰性証明書などは、着実に普段通りの生活再開のキッカケになります。

以前までは「遊び歩く人⇔自粛する人」と二分しており、「自分は我慢しているのに、、、」と考える人も多かったです。このような状況で、PCR検査の陰性証明書の導入を仮に実施していれば、感染者数の低減と安全な生活を送ることが出来たでしょう。

観光業界におけるワクチンパスポートの期待

現在すでにワクチンパスポートの実証実験が実施されており、今後コロナ禍で疲弊した観光業界にとっては大きな起爆剤となるでしょう。

◆新型コロナウィルスワクチン接種証明アプリ「ワクパス」

民間で初めて新型コロナウィルスのワクチンパスポートシステムをアプリ導入した「ワクパス」では、ホテルや飲食店などで使える割引特典やお得コースなどが用意されています。

参考:ワクパス 

来年から再開されるであろう「GoToトラベル」や「GoToイーと」は、このようなワクチンパスポートを組み合わせ、割引や特典を付与すると示唆しています。

先んじたワクチンパスポートの導入事例|沖縄県石垣島

沖縄県石垣島は、先んじてワクチンパスポートの導入を実施しています。

あんしん島旅プレミアム」という、72時間以内のPCR陰性証明書orワクチン接種証明書の提示で、島内の宿泊や飲食店の利用、土産物などの割引特典などが使用できます。

他にも、航空会社やホテル会社、各飲食店などが、すでにワクチンパスポートを前提として割引特典の提供やサービス改善を実施しています。

タイトルとURLをコピーしました