鬼滅の呼吸法⁉|呼吸法を変えれば人生が好転する【メリットとやり方】

トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法
広告

「『鬼滅の刃』の呼吸法って本当にあるの?」

「呼吸が大事と聞くけど、呼吸法の正解が分からない」

今回は、「鬼滅の刃」で有名になった「~の呼吸」に通じる、「呼吸法」について、おすすめの一冊、パトリック・マキューン(著)の「トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法」と共に紹介いたします。

以下の点を紹介

・鬼滅の呼吸法を実践したい人必見の一冊

・何が正解?呼吸法の本当と実践

「トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法(パトリック・マキューン)」

・一貫した「鼻呼吸」プログラムの提唱!

階段を上るだけですぐ疲れる、

朝起きて頭痛がする、

日々の生活で疲れが取れない、

など、生活において「疲れ」と密接に暮らしていると思います。

では、どうして慢性的な疲れが生じるのか?

それは、「呼吸法」に問題があったからです。

では、本当に良い呼吸法とは?

この本は、真の呼吸法「鼻呼吸」を提唱すると共に、そのメリットや練習方法を示す一冊です。

ぜひ、何だか疲れが取れない、体調が悪いなど思い当たる方、この一冊を手に取って見ては?

それは、「呼吸法」に問題があるかもしれませんよ?

▼参考書籍:「トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法(パトリック・マキューン)」▼

常識とされた呼吸法を変えて、健康な生活を歩む一冊

「深呼吸」は呼吸過多⁉日々の疲れは呼吸法が原因

・血中の二酸化炭素量が決める、体内で活用できる酸素量

・いびきをかく

・ため息が多い

・倦怠感、息切れ、ふらつき等が多い etc.

は、ほぼ呼吸法に問題があると考えられています。

現代社会では、無意識のうちに呼吸過多となる人々が蔓延しています。ゼーゼーハーハー疲れる人、鼻息が荒い人などは、全て呼吸過多が原因で、そしてそれが健康上の問題を引き起こすキッカケになっています。

では、なぜ呼吸過多がいけないのか?

血液中の二酸化炭素量が、体内で取り込める酸素量を決めており、呼吸過多の場合、必要以上に体内から二酸化炭素を排出してしまうからです。

現代の人々が悩む呼吸過多は、血液中で酸素を運ぶ役割を果たす二酸化炭素を排出してしまいます。

その為、大きく酸素を吸っても、酸素を活用する道具がないため、結局は疲れやすく、倦怠感にさいなまれるのです。

ベストな呼吸法は「鼻呼吸」|呼吸を減らすエクササイズ

人間の体内において、酸素を十分に供給・活用できる呼吸法は「鼻呼吸」です。

鼻呼吸のメリットは、

・呼吸量で減少し、体内に取り込める酸素量が20%増える

・鼻呼吸は、空気中のウィルスやバクテリアの除去効果がある

・鼻呼吸は、運動時に、それだけで中強度の有酸素運動と同じ効果がある

など、様々なものがあります。

ただ、呼吸する量を減らすだけで、健康問題や肉体的疲労など解決する兆しが見えます。

では、ベストな呼吸法「鼻呼吸」はどう行っていくか??

こちらに関しては、是非この本をお読みください!!

▼参考書籍:「トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法(パトリック・マキューン)」▼

ベストな呼吸法は「鼻呼吸」|「鼻呼吸」と「息止めエクササイズ」で健康に!

では、要約です!

ベストな呼吸法は「鼻呼吸」

そして、呼吸量を減らすことで、体内から排出される二酸化炭素量を減少させることが出来ます。また同時に、体内に二酸化炭素が十分にあることで、酸素をしっかり血液中から体内に運搬することができ、疲れにくい体になるのです。

では、もっと詳しく読みたい方は、是非この一冊を取ってみては?

▼参考書籍:「トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法(パトリック・マキューン)」▼

タイトルとURLをコピーしました