【華やかな香り感じる、ボージョレの注目品種】

原産地:ボージョレ地区

原産国:フランス

ワイン名:Julienas Cru Beaujolais(ジュリエナ・クリュ・ボージョレ)

生産者名:Tradition du Bois de la Salle(トラディション・デュ・ボワ・ド・ラ・サル)

主要品種:ガメイ

【ワインの特徴】

~外観~

澄んだルビー色で若々しい印象が強いワインです。

濃淡はやや濃いめで成熟度が強い印象があります。

~香り~

チャーミングな印象と同時に、華やかな香りを放つワインです。

ガメイに特徴的な果実や花の香りが強く、癖もない飲みやすいワインです。

~味わい~

第一印象は軽やかな印象で、程よい甘みと酸味、タンニンが感じられるワインです。

緻密な印象のタンニンで、流れるようなワインの味わいバランスとなっています。

~まとめ~

ガメイ種は若いシンプルな印象を持つ品種で、タンニンが控えめな印象です。果実味が感じられるフレッシュ感のあるワインで、且つただ若々しいだけではなく、華やかな香りもあるのが特徴です。

【生産者の特徴】

金賞 – コンペティション オブ ザ グレイト ワインズ オブ マコン 2022を受賞!

「トラディション・デュ・ボワ・ド・ラ・サル」は、AOCジュリエナの象徴的なワインセラー。

ジュリエナのワインは、ボージョレ地区の軽い赤ワインと比較し、どちらかというとボディの強いワインが多いです。このジュリエナ地域を象徴するこの生産者は、果実味のあるフレッシュ感のあるワインを作っています。

ジュリエナのAOC名は、ローマ帝国のジュリアス・シーザーの名前に由来しており、ローマ人によって栽培が始められたボージョレ地区で最古の土地として信じられています。

ボージョレ地区のワインを飲んでみる


Follow me!

コメントを残す